【平成30年度埼玉県公立高校入試の平均点】英語が難化!?

1.平成30年度埼玉県公立高校入試の平均点

先日、埼玉県教育委員会は18年度入試の平均点を発表しました。

  学力検査問題 学校選択問題
  国語 社会 数学 理科 英語 数学 英語
30年度 52.8 55.9 44.0 51.7 55.9 43.7 58.9
29年度 53.3 60.6 44.4 48.5 52.0 43.2 71.9
前年比  -0.5  -4.7  -0.4  +3.2  +3.9  +0.5 -13

特筆すべき点は、2017年度から導入した学校選択問題の英語平均点が、前年比13点減の58.9点だったことです。数学は前年と変わらず、受験生にとって点数の取りにくい入試てあったといえます。

2.今後の対策

学力検査問題

学力検査問題は、次年度も変化なく実施されると予想します。

そうすると戦略は①「理科と社会の高得点狙い」と②「英語と国語はなるべく落とさないようにする」③「数学は大問1を中心に取れる問題を確実にとる」の3つです。

理科・社会は前年度から試験時間が10分延長されているため、点数を取れる人が増えてきています。確実に点数をとるために、「知識の定着」と「記述問題対策」をしておくとよいでしょう。

英語は長文読解を中心として問題ですが、単語と文法をしっかり身に付け、過去問を通して答え方を身につければ、合格点が取れるようになります。

単語の勉強法はこちらを参考にしてください

【必見】1日30分で劇的に変わる英単語の勉強法

学校選択問題

平成29年度から実施している学校選択問題ですが、今回の形で落ち着くのではないでしょうか。

数学は昨年と比べて大きな変化はなく、易しい問題は少なかった。様々な問題集や過去問題で応用力をつる必要があります。

英語は問題形式が変わり、平均点も下がりました。教科書範囲からしか出題されないのが公立入試。点数を取りにくくするために、長文の単語数を増やし、いくつかの単語に注釈がつけられませんでした。

問われているレベルはそこまで難化していないが、とにかく長い。少しでも迷ったら、最後に控える、配点が10点の英作文にたどり着けなかったと思います。

次年度の入試に向けて処理スピードを上げることが、高得点のカギとなります。そのため、早くから英文を読む練習を積み重ねる必要です。長文問題を夏休みには始められると、長文に慣れ、読むスピードが速くなるでしょう。


友だち追加
ラインで埼玉県高校入試の役立つ情報配信しています。よかったら友だち追加してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINE@始めました

友だち追加

埼玉県高校受験に関する無料相談受付中です。

お気軽にお友だちに追加してください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です