【埼玉県私立高校に進学した際の補助金についての解説】埼玉県も実質無償化に!?

埼玉県の私立高校は授業料無料になるの?所得制限とは何か?学費はどうなるの?

まだ、埼玉県の私立高校へ進学した際の補助金の制度をいまいち理解できないという人もいるのではないでしょうか?補助金の金額や補助を受ける条件など、知らなくてはいけないこともたくさんあります。

この記事では埼玉県の補助金の制度を解説します!

はじめに

2018年度から東京都は、私立高校の授業料の実質無償化を開始しました。

東京都在住「約年収760万円未満」の世帯を対象としています。東京に住んでいて、他県の私立高校に通う場合でも適用されるようです。また、収入は世帯収入となります。

これはかなり大胆な政策でした。今まで私立高校への進学は「お金がかかるから」といって敬遠してきた方が多いのですが、公立高校進学とさほど変わらなくなりました。

そうすると、中学生の志望校選びはこれまでと大きく変わってくると思います。実際、数年前から私立高校へ進学される方が増えてきていましたが、さらに私立高校への志願者数の伸びに拍車がかかると予想されます。

そして、その波は埼玉県までやってきました。

埼玉県も世帯収入によって補助金を出していたのですが、今回東京の改革にあわせて、制度が変更されました。現在の埼玉県の制度についてまとめます。

ちなみに全国トップクラスの補助で、1人あたりの平均補助額第3位みたいです。

授業料補助

制度の詳細

1年で最大37万8千円の補助金が受け取れる制度です。

私立高校の授業料が0円になるという制度ではありません。

基本的に国と県の両方から補助金を受け取ることができます。

まず、国からもらえる補助金について説明します。

国が行う補助を「就学支援金」といいます。これは年収が高くなるにつれて、補助金額が少なくなります。

年収が250万円以下なら、およそ国から年間30万円の補助金がでます。金額は年収に合わせて階段式に少なくなり、年収590万以上になると年間でおよそ12万円の補助金となります。

※年収は世帯収入です。

※年収は目安です。

続きまして、県からもらえる補助金についての説明です。

埼玉県私立高校の平均授業料は38万円ですから、年収250万円の場合、国からの補助金は30万円ですから、8万ほど足りません。590万円以上の場合は国からの補助金が12万円ですから、26万円ほど足りません

この足りない部分を県が補助します。この補助金を「父母負担軽減事業補助金」といいます。

そうすると国の補助金と県の補助金で、合計額が37万8千円となります。県の負担額は国と逆で、差額分を埋めるため、年収が高くなるほど補助金額は高くなります。

これで、私立高校に通っても、家計から授業料を負担する必要がなくなります。実質無償化となりました。

ただし、注意点があります。

授業料が37万8千円以上の学校は、差額分は自己負担です。逆に少ない場合も、差額分がもらえるわけではありあません。

制度が受けられる条件

・埼玉県に住んでいて、埼玉県の私立高校在学であること。

埼玉県が行う「父母負担軽減事業補助金」は埼玉県に住んでいて、埼玉県の私立高校在学であることが条件です。

埼玉県に住んでいるけど、都内私立在学の場合この補助を受けることは出来ません。

・所得要件がある(世帯収入である)

国の補助によって、県からもらえる金額は異なりますが、年収が609万円未満だと最大の補助金(37万8千円)を受けとることが出来ます。

わかりやすく年収で書いていますが、実際は課税証明書の住民税所得割額(市町村民税と道府県民税の合算額)を確認して要件をクリアしなくてはいけません。

ただし、ほとんど年収通りになりますので、そこまでの心配はいらないかと思います。県のホームページでシュミレーションもできます。

ただし、国が授業料への補助を行う「就学支援金」は住んでいる場所と在学高校の場所に制限ありません。そのため埼玉県に住んでいて、東京の学校に在学する場合でも補助金を受け取ることが出来ます。

年収が250万円以下なら、およそ年間30万円。そこから年収が高くなるにつれ、階段式に少なくなり、年収590万以上になるとおよそ年間12万円の補助となります。

まとめ

・年収609万円未満、埼玉県在住、埼玉県の私立に在学であれば、年間37万8千円の補助金がもらえる。実質無償化である。

・37万8千円は埼玉県私立高校の授業料の平均金額である。

・条件に達していなくても、国の補助は受けられる。

入学金軽減補助

制度の詳細

平成30年度新入生の世帯に対し、県が10万円を補助します。

埼玉県私立高校の入学金の平均はおよそ23万円です。その中の10万円は県からの補助で賄うことが出来ます。残りの15万円近くは自分で負担しなくてはいけません。

条件

・埼玉県の私立高校に在学。

・所得要件がある(世帯収入である)

年収が609万円未満であることが条件です。

施設費等納付金に対する補助

制度の詳細

県内私立高等学校の平均額20万円(年額)まで補助し、実質無償化する。

施設運営費も県からの補助金がおります。

条件

玉県の私立高校に在学。

・所得要件がある(世帯収入である)

年収が500万円未満であることが条件です。

授業料と入学金の補助は609万円が基準でしたが、施設費等納付金は500万円が基準ですのでお気を付け下さい。

さいごに

いかがでしたでしょうか。すべての条件を満たせば、最大67万8千円の補助金を受けることが出来ます。

授業料も年収が609万円以下であれば、実質無償で私立高校の授業を受けることが出来ます。

志望校の選び方も大きく変わってくるのではないでしょうか。

埼玉県の私立高校は確約制度があるため、10月位までにはある程度決めておいた方が良いです。

(私立入試の仕組みの説明はこちら【埼玉県私立高校入試の仕組み】確約のもらい方)

ぜひ、このタイミングで私立高校について考えてみるといいと思います。


無料授業動画配信中!!

YouTube塾始めました!良かったらチャンネル登録お願いします!!

詳しくはこちらから↓

https://www.youtube.com/channel/UCXYHrYV1k86XgINZ-h8HjZA

今後も、Youtubeにて役立つ受験情報を配信します。

友だち追加

ラインで埼玉県高校入試の役立つ情報配信中です。よかったら友だち追加してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINE@始めました

友だち追加

埼玉県高校受験に関する無料相談受付中です。

お気軽にお友だちに追加してください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です